「痩せるホルモンによるGLP-1ダイエット」

最近問い合わせが多いのは巷では”痩せるホルモン”といわれているGLP-1についてです。

GLP-1は健康な人にも食事に伴い腸が分泌している物質(インクレチン)で、糖代謝を調節し空腹感を自然に減らし食べ過ぎを防ぎます。

もともと体内にあるGLP-1は肥満により減少してしまうため、肥満者はますます空腹感が強く過食になるという悪循環になりがちです。

GLP-1を投与することにより、空腹をがまんしたり、ハードなトレーニングをしたりしなくても、自然にダイエットができます。

GLP-1は欧米では肥満治療薬として承認され広く使われています(日本では肥満治療薬としては未承認のため、2型糖尿病のない方は自費診療となります)

お隣の国韓国では、GLP-1が発売されるとダイエット希望者が殺到して、またたく間に品切れとなってしまうほどの人気を博しているそうです。

美容に大変熱心な韓国ならではのお話ですね。

GLP-1は抗糖尿病薬で軽症の方にもご使用になれますが、ご自分で行う注射薬のため糖尿病専門医による十分な指導の下で安心して治療を受けることができます。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)