よしの内科クリニック

岐阜県岐阜市北一色2-7-15
電話 058-248-7811
診療時間:8:30-12:00/15:30-18:00
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

女性肥満外来

子どもの頃から体重が多い

出産後も体重が戻らない

ウエストが年々きつくなってきた

そんなに食べてないのに中年太り

野菜はあまり食べたくない

運動はほとんどしない

糖尿病、高血圧、脂質異常などの治療も同時に行うと一層効果的です

減量のための生活習慣

睡眠中の女性

睡眠不足は肥満の原因

睡眠不足になるとグレリン(食欲亢進ホルモン)の分泌が増加し、レプチン(食欲低下ホルモン)分泌が低下して、空腹感が強くなり食べ過ぎてしまいます。

また、睡眠不足は脂肪が蓄積し太りやすくやせにくくなり、疲れが抜けません。

成長ホルモン分泌が睡眠中に多く分泌されて、損傷した体の細胞修復、疲労回復、脂肪燃焼効果があるからです。

6時間睡眠を14日間続けると、2日間の徹夜したのと同程度の認知機能になると言われています。

ぜひ7時間の睡眠を確保しましょう。

食事中の女性

3度の食事がダイエットの秘訣

大相撲の力士たちは1日2食!

太って大きくなるために敢えて1日2食にしています。

また食事の回数が少ないほど、食後の血糖値が上昇しやすいのです。

仮に1食抜いて一時的にやせても、筋肉が減少して肌のたるみを招きかねません。

規則正しい3度の食事は、良質な睡眠にも欠かせません。

どうしても食事の回数を減らしたい場合は、フォーミュラー食を用いた置き換えダイエットを行いましょう。

食事中の女性

野菜でやせる3つの理由

食べた野菜の繊維は、腸内で細菌が分解し、同時にやせホルモンGLP-1が分泌されます。(理由1)

まさに野菜による天然GLP-1ダイエットです。

食事のはじめに野菜を食べれば、血糖上昇がおさえられることをご存じの方は多いでしょう。

血糖上昇がおさえられれば、血糖上昇を抑制するホルモンであるインスリンの分泌も低下します。

インスリンは同化ホルモンとよばれ、食べたものを身につけるホルモンであるため、低下すれば身につく脂肪を減らすことができます。(理由2)

野菜の繊維をよくかみましょう。

かむことで脳の中枢に司令が届いて、空腹感の軽減と内臓脂肪燃焼というウレシイ2つ効果が同時にもたらされるのです。(理由3)

ウォーキングシューズを履いた女性

美しくやせるには

体重さえ減ればあとはどうでもよい、と考える人は誰もいません。

減らしたいのは脂肪!

食事からの脂肪はできるだけ減らしましょう。

過剰な糖質は、体内で脂肪に置き換わりますので、とりすぎには注意が必要です。

筋肉は減らしたくありません。

タンパク質は必要十分摂取しましょう。

そして運動が必要です。

運動しないで摂取カロリーを減らすと、タンパク質は足りていても脳は筋肉は不要と勘違いして、からだの水分と筋肉を減少させます。

まず、家の掃除、洗濯を懸命にテキパキ行いましょう。

通勤通学時、オフィスの移動時は速歩きしましょう。

これだけでもまったく違います。

その次に、シューズを履いて15分間ウォーキングしましょう。

ウオーキングする女性

いろいろな治療法

 一緒にご相談しながらぴったりの治療をはじめましょう!

 経験豊富な看護師がお話を伺います。

よしの内科クリニック

診療科目
糖尿病内科・内分泌内科・内科

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00
よしの内科クリニックへのアクセス地図

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、岐南町、笠松町、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、郡上市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、名古屋市、滋賀県などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)