よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

プラセンタ注射

  医療用医薬品注射のプラセンタは、ヒト胎盤を原料とし、多種アミノ酸を含有し、更年期障害の諸症状の緩和に有効であるため、幅広く治療に利用されています。また一部の肝臓病にも有効とされています。
 
 更年期障害・肝疾患の治療をプラセンタ注射で行う場合、初診時(検査費用別)1000円・再診時500円ですが、美容目的での治療は自費診療(1アンプル税込1080円)となりますのでご了承ください。

更年期障害

 女性ホルモン低下は30歳代から始まるといわれています。
 一方女性ホルモン低下を防ごうと、脳下垂体から卵胞刺激ホルモン(卵巣からの女性ホルモン分泌促進作用があるホルモン)を過剰に分泌するようになります。
 これらのホルモンのアンバランスな時期が更年期であり、この時期のさまざまな体調不良が更年期障害です。

 更年期の症状は多岐にわたり、他の内科の病気と大変よく似ています。気になる症状がある人は更年期と診断する時に、血液、尿、エコー検査などできちんと他の内臓の病気でないことを確認する必要があります。その上で漢方薬やプラセンタ注射、ホルモン剤、カウンセリングなどで治療していきましょう。

更年期障害の症状

1.顔がほてる
2.汗をかきやすい
3.腰や手足が冷えやすい
4.息切れ、動悸がする
5.寝つきが悪い、または眠りが浅い
6.怒りやすく、すぐイライラする
7.くよくよしたり、憂うつになることがある
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある
9.疲れやすい
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある

更年期障害の診断

 上記の症状は内臓の病気とも大変よく似ています。ほてりや動悸の原因を検索して、甲状腺の病気や褐色細胞腫という腫瘍が見つかった方や、いらいらの原因が血液中カルシウムの異常であった方もあります。
 このため更年期と診断するために他の病気を除外診断することは大変重要です。  
 
 診断には血液検査でホルモン(甲状腺・副腎・女性ホルモンなど)、電解質(カルシウム、カリウムなど)を調べます。また、ひとりひとりの症状に照らし合わせて心電図、超音波検査、レントゲン、尿などで内蔵に異常はないか注意深く検査します。

 最後に、上記の症状の有無や程度の強さを調べ、診察所見とあわせて的確に診断します。

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)