よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

不眠症

 最近寝つきが悪い
 寝てもすぐ目が覚める
 朝早くに目が覚める
 ぐっすりと眠れない

 生活習慣の多様化や、ストレス社会を反映してか、不眠に悩まされる人が増えているようです。

 睡眠に関する調査によると、成人の5人に1人が不眠に悩み、6人に1人が日中の眠気に悩み、10人に1人が寝酒あるいは睡眠薬を常用していることが明らかになりました。

 人生の3分の1は睡眠時間ですから、心地よい睡眠をとりたいものです。

睡眠と生活習慣病

 糖尿病や高血圧などの病気を防ぐには、睡眠を改善することも重要であることがわかってきました。
 糖尿病ではそうでない人に比べて不眠が約2倍みられ、睡眠時間が短い等の睡眠障害がある人ほど糖尿病になりやすいと言われています。
 不眠・睡眠障害は交感神経を刺激して、血圧や血糖値を上昇させ、心血管疾患のリスクを高めるという悪循環に陥ります。
 このため不眠の人は血圧や血糖に注意し、高血圧や糖尿病の人は不眠症を治療することが大切です。

良質な睡眠のための生活改善

 週末も含め毎日、就寝と特に起床を一定の時間に行いましょう。
 天気の良い日は、日中太陽の光を浴びることは睡眠リズムの強制に役立ちます。
 カフェイン、アルコール、喫煙は就寝前には摂取しないようにしましょう。
 テレビ、パソコン、スマートフォンなどは就寝前は避けましょう。
 日中はできるだけからだを動かしましょう。
 就寝前に入浴や読書などのリラックゼーションを行いましょう。

不眠症の薬物治療

 不眠が起こる原因を取り除き、眠りに就きやすい環境を整えても眠れない場合は睡眠薬を使用します。
 睡眠薬は最小有効量を数週間を限度として使用し、徐々に薬量を減らして服用を中止していきます。
 睡眠薬は寝つきが悪い場合の薬と途中で目が覚めてしまう場合の薬に分けられます。
 不安が不眠の原因になっている場合は抗不安薬を使用することもあります。
 不眠が重症の場合は精神科を受診すると良いでしょう。

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)