よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

脂質異常症

 脂質には中性脂肪(トリグリセリド)とコレステロールがあります。
 中性脂肪は脂肪組織や肝臓に貯蔵され、必要なときに脂肪酸に変わりエネルギー源になります。
 コレステロールにはLDL-コレステロールとHDL-コレステロールがあります。
 LDL-コレステロールは、細胞の生命維持のために重要な細胞膜の構成成分として使われます。
 一方、HDL-コレステロールは、末梢組織の余分なコレステロールを細胞から運び出す役を担っています。

脂質異常症とは

 血液中の、中性脂肪が高いこと、LDL-コレステロールが高いこと、あるいはHDL-コレステロールが低いことが、主に健康診断での問題となり、脂質異常症と呼びます。

脂質異常症の原因とリスク

 中性脂肪が高いこととHDL-コレステロールが低いことは、メタボリックシンドロームの診断基準の項目となっていることからわかるように、運動不足や栄養の取り過ぎが大きな原因になっています。
 LDL-コレステロールが高いことは遺伝要因が大きく、必ずしも生活習慣が原因ではありません。また、甲状腺機能低下症などの病気があると上昇することが知られています。
 脂質異常症を来すと、動脈硬化が進展し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まりますので治療が必要となります。

脂質異常症の治療

 食事・運動療法、生活習慣の改善が第1になります。
 それに加えて飲み薬が必要な場合もあります。
 LDL-コレステロールが高い時の治療する基準は患者さんごとに異なります。たとえば、喫煙・高血圧・糖尿病などのリスクがない人と、これらのリスクがあったり心筋梗塞を起こしたことのある人とは目標とするLDL-コレステロール値は大きく異なります。
 自分はどのくらいの数値にしたら良いかは、かかりつけ医にご相談下さい。
 

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)