よしの内科クリニック

岐阜県岐阜市北一色2-7-15
診療時間:8:30-12:00/15:30-18:00
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

甲状腺内科

次のような方は是非ご相談ください!

健康診断で異常を指摘された方
首の腫れやのどの違和感がある方
体調不良だが、どこに受診したらよいかわからない方
母に甲状腺疾患がある
コレステロールが高い・低い方

甲状腺とは

 甲状腺は、首ののどぼとけの下に蝶が羽を広げたような形をした約20gの、内分泌器官です。

 正常では外からほとんどその存在はわかりません。

 しかし、腫れて大きくなるとなり、健康診断などで発見されます(甲状腺腫大)。

 甲状腺ホルモンを分泌し、からだの新陳代謝を活発にしています。

 ホルモン過剰による動悸、体重減少、発汗などの症状、減少によるむくみ、体重増加、体のだるさなどの症状をきたします。
 
 気になる症状がある方は、内分泌内科専門医に相談しましょう。

 甲状腺の病気は女性に多くみられますが、もちろん男性にも発症します。

  • ① ホルモンが低下した時の症状
  • からだがだるい
  • 皮膚が乾燥してカサカサする
  • むくみがある、体重増加
  • 寒がり、冷え性
  • コレステロールが高い
  • 便秘がちである
  • 抜け毛がふえ、髪・眉がうすくなった
  • 首がはれている
  • ② ホルモンが過剰の時の症状
  • 首が腫れているあるいは痛い
  • 暑がり、汗かき
  • 動悸や息切れがある
  • イライラしたりおこりっぽくなった
  • 食欲はあるのに体重が増えない
  • 手足が震える
  • 目つきがきつく眼球がでてきた
  • コレステロールが低い

診察の流れ

① 看護師が症状を詳しくお伺いします。

② 血圧・体重など身体測定を行います。

③ 内分泌代謝科専門医(甲状腺)が診察を行います。

④ 血液検査を行います。

⑤ エコー(超音波検査)で甲状腺の内部の様子を調べます。

⑥ 病気について治療や療養方法をご説明します。

橋本病

 甲状腺ホルモンが低下する病気はいくつかありますが、その代表が橋本病です。

 慢性甲状腺炎ともよびます。

 九州大学の橋本索博士が1912年に報告したことから、この病名がつけられました。

 橋本病は女性が男性より15~30倍多いといわれています。

橋本病の症状

 橋本病の全ての人が甲状腺ホルモンが低下するわけではなく、低下症になるひとは一部です。

 低下すると、上記の①の症状が現れます。

橋本病の診断

 上記の症状よりこの病気を疑うことが可能です。

 血液検査で自己抗体の上昇で診断し、甲状腺ホルモン値を確認します。

 エコー(超音波検査)で甲状腺の粗造な像や腫大を認めます。

橋本病の治療

 甲状腺ホルモンが正常の人は治療が必要ありません。

 甲状腺ホルモンが低下している人は飲み薬(チラージン)を服用します。

 血液検査を行いながら少しずつ増量し適正量を使用していきます。

バセドウ病

 甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気はいくつかありますが、その代表がバセドウ病です。

 甲状腺機能亢進症ともよびます。

 ドイツ人医師のカール・フォン・バセドウ氏が1840年に発表したことから、この病名がつけられました。

 バセドウ病は女性が男性より4~5倍多いといわれています。

バセドウ病の症状

 首が腫れる(甲状腺腫)、眼が大きくなる(眼球突出)と甲状腺ホルモン過剰の上記②のような症状を呈します。

 甲状腺腫、眼球突出と頻脈をバセドウ氏が診療していた地にちなみメルセブルグの三徴と呼ばれています。

バセドウ病の診断

 上記の症状よりこの病気を疑うことが可能です。

 血液で甲状腺ホルモンと自己抗体を検査します。

 エコー(超音波検査)で甲状腺の内部の様子を調べます。

バセドウ病の治療

 飲み薬にはチアマゾール(MMI:メルカゾール)とプロピルチオウラシル(PTU:チウラジ-ル/プロパジール)の2種類があります。

 甲状腺に取り込まれ、甲状腺ホルモンの生合成を抑制する作用があります。

 規則正しい服薬で2―3ヶ月もすれば症状が軽快してきますが、ここで薬をやめるとまた症状が出てきますので、薬をやめても症状が出ないよう治療を続けます。

 薬を飲むと皮疹、肝障害、無顆粒球症、関節炎などがまれに起きることがありますので、2週間毎に血液検査を行います。

  90%以上の人は飲み薬で治療を行いますが、飲み薬が合わない人、効果が得られない人は手術や放射性ヨウ素内服の治療を行います。

亜急性甲状腺炎

感冒症状に引き続いて発症し、甲状腺のある頚部(のどや首あたり)の自発的な痛みが特徴です。

時に耳下や首筋まで痛みがおよびます。

発熱、体のだるさのほか、動悸、発汗、手の震えなど甲状腺ホルモン過剰症状が現れます。

血液検査で甲状腺ホルモンの上昇やCRPなどの炎症反応がみられます。

また超音波検査で、痛みの部位に一致して異常が認められます。

治療は鎮痛薬や副腎皮質ホルモン薬を用います。

数週間から3ヶ月程度すると、症状は改善します。

その後時に再発したり、甲状腺ホルモンが低下することがありますので経過観察が必要です。

風邪によく似た症状で、のど仏周辺、首の痛みがある場合はご相談下さい。

無痛性甲状腺炎

橋本病(慢性甲状腺炎)や症状が落ち着いているバセドウ病がベースにある方に発症します。

出産数ヶ月後に起きることが多いですが、出産に関係のない場合でも発症します。

動悸、発汗、手の震えなど甲状腺ホルモン過剰症状が現れます。

発熱や痛みなどは伴いません。

血液検査で甲状腺ホルモンの上昇を認めます。

治療は動悸などの症状を抑える薬を服用します。

しばらくすると改善しますが、その後甲状腺ホルモンが低下することがあり、その場合は甲状腺ホルモンを補充します。

バセドウ病とよく似た症状で発症しますので、内分泌専門医に受診すると良いでしょう。

甲状腺腫瘍

 首の一部が腫れて発見されることが多いです。

 首の腫れを触診、エコー(超音波)検査、血液検査で調べます。

 腫瘍や結節が認められた場合、良性と判断される時は経過を観察します(数ヶ月から1年ごと)。

 触診、エコー所見や血液検査で悪性の疑いがある時は、細胞診を行い診断します。

 悪性の疑いがあり精密検査・手術が必要な場合は提携病院にご紹介致します。

よしの内科クリニック

診療科目
糖尿病内科・内分泌内科・内科

診療時間

診療時間
8:30~12:00
15:30~18:00

祝日休診

診療カレンダー

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、岐南町、笠松町、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、郡上市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、名古屋市、滋賀県などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)