よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

痛風・高尿酸血症

 男性の発症が98%以上占める痛風。
 大の男が転げ回るほど激烈に痛いといわれる痛風発作を引き起こします。
 痛風発作は体内に過剰にある尿酸(高尿酸血症)という物質が、足の関節にたまって発症します。
痛風や尿酸が高い人に肥満、高血圧、高脂血症、心血管障害、脳血管障害、尿路結石、慢性腎臓病が多い事がわかっており、これらはす べて痛風の合併症と言えます。

痛風の症状

 高尿酸血症の段階では症状は見られません。
 高尿酸血症が続くとある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。
 高尿酸血症をしっかり治療しないと、また同じような発作がおこり、繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめます。
 このころになると、腎臓が悪くなったり(慢性腎臓病の原因のひとつ)、尿路結石が出来たりする人が出てきます。

痛風・高尿酸血症の原因

 体の中では、新しい細胞が生まれて古い細胞が死んでいく「新陳代謝」が行われていますが、古い細胞が死んでいくときに、遺伝子を構成しているプリン体が分解され、尿酸がつくられます。
 プリン体は肉の内臓(レバーなど)、魚卵など細胞数が多い食材や、乾燥により細胞が凝縮されている干物などの食品に多く含まれています。
 さらに、お酒類はアルコールそのものが尿酸を作ってしまうため、ビールに限らずお酒類全般を控えましょう。
 痛風・高尿酸血症は、体質に由来する一面もありますが、食生活を原因とする生活習慣病のひとつです。

痛風・高尿酸血症の治療

 痛風発作が起きている痛風性関節炎のときは、鎮痛薬や抗炎症薬を服用します。
 「痛風発作がおさまった後」から、「徐々に、ゆっくりと」尿酸値を下げるため尿酸降下薬を服用します。(急激に下げると発作が起きてしまいます。)尿酸降下薬には尿酸排泄促進薬と生成抑制薬の二つがあります。それぞれ病態に応じて使い分けます。
 痛風発作のない高尿酸血症の人は生活習慣を見直し、数値が目標値(8~9mg/dl)に低下しないようなら尿酸降下薬を服用するとよいでしょう。

日常注意するポイント

 ① 肥満の解消・・・肥満者に痛風は多く、ダイエットが有効です。
 ② アルコール飲料を控える。
 ③ 積極的に水分を摂取・・・総摂取水分として1日2リットル以上をとりましょう。
 ④ ウオーキングなどの有酸素運動を行いましょう。
 ⑤ 精神的ストレスを上手に解消しましょう。

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)