よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

貧血

 貧血とは血液中の赤血球が少なくなった状態のことです。

 赤血球は肺で酸素を取り込み、体中の各組織に受け取った酸素を受け渡す重要なはたらきをしています。

貧血の症状

 貧血の初期は無症状のこともあります。

 だるい、疲れやすい、むくみ、立ちくらみといったごく普通にある症状がはじめに現れます。

 その後貧血が進むと、動悸、息切れ、頭痛などの症状へと進んでいきます。

貧血の原因

 最も多いの女性の鉄欠乏性貧血です。その背景にはご自分では気づいておられないようですが、過多月経があるようです。

 他には胃切除後におきる巨赤芽球性貧血(ビタミンB12欠乏)、慢性腎臓病にみられる腎性貧血(腎臓から分泌される造血因子エリスロポエチン不足)が、当院ではよくみられます。

 その他溶血性貧血、骨髄異形成症候群、白血病、多発性骨髄腫なども貧血を来します。

貧血の検査

 血液検査で赤血球数、血色素量(ヘモグロビン量)、ヘマトクリット値、網状赤血球、血清鉄、フェリチン、ビタミンB12、ハプトグロビンなどを調べます。
 

貧血の治療

 鉄分を多く含む食品を摂取することは大切ですが、胃からの鉄の吸収率は低いため一度貧血状態になると食事療法だけでは改善しません。

 治療は鉄剤を服用することです。鉄剤を服用すると中には軽いはきけを感じる方があります。
 はきけが消失しない場合は注射で鉄を投与します。

 鉄剤で治療すると血色素量やヘマトクリット値が正常化してきます。
 しかしその時点で治療を中断するとすぐに貧血状態に戻ってしまいますので、「鉄の貯金」ともいうべきフェリチンが目標値に達するまで治療を続けます。

 鉄は酸性のもとで胃から吸収されます。
 慢性胃炎などで胃酸分泌が少ない方は、果物やビタミンCのサプリメントと一緒に鉄剤を服用すると吸収率がアップします。

 巨赤芽球性貧血ではビタミンB12の注射、腎性貧血ではエリスロポエチンの注射を用いて治療します。

鉄欠乏性貧血のここに注意!

 女性の鉄欠乏性貧血の多くは過多月経が原因と考えられています。

 一方、男性や閉経後女性の原因は、胃や腸の消化管から出血、すなわち胃潰瘍、胃がんや大腸がんによる失血が疑われるため、消化管の検査が必要となります。

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)