よしの内科クリニック

糖尿病内科・内分泌(甲状腺)内科・一般内科
岐阜市北一色2-7-15 岐阜競輪場東へ300M

原発性アルドステロン症

 人は進化の過程で塩分濃度3.5%の海水の中から、塩のない空気中で生活するようになりました。二本足で立った状態で血圧を維持するためには、塩と水がとても大切な役割をはたします。人の体は一度体内に取り入れた塩を簡単に尿として外へ出さず、血圧を維持する仕組みに利用して陸で生活できるようになりました。その仕組みの中で大事な役割を演じている副腎のホルモンをアルドステロンと呼びます。
 副腎がアルドステロンを過剰分泌している状態を原発性アルドステロン症といいます。塩が手に入りにくい地域、1日塩分3g以下で暮らしている人々にとっては原発性アルドステロン症の状態であっても何ら問題はありません。
 過剰分泌されたアルドステロンは、現代の我が国のように塩分摂取が1日10gもある環境下ではじめて血管毒性(血管をいためつける)を発揮します。

原発性アルドステロン症の症状

 ナトリウムの代わりにカリウムが尿中に排泄されるため血中カリウムが低下します。カリウム低下の症状すなわち多尿、筋力低下と、高血圧を来します。

原発性アルドステロン症の検査

 アルドステロンやレニンなどのホルモンを測定します。エコー、CT、MRIなどで副腎の画像検査を行います。
 

原発性アルドステロン症の治療

 アルドステロンを過剰分泌している副腎の摘出術を行います。手術が適応でない場合は、アルドステロン受容体拮抗薬を服用します。

原発性アルドステロン症のここに注意!

 高血圧症の患者数は全国で1000万人を超えるとされます。原発性アルドステロン症は全高血圧患者数の6%ともいわれ、診断されていない人が非常に多い恐れがあります。
 また、原発性アルドステロン症の人は、普通の高血圧の人の4倍脳卒中を起こしやすいことがわかっています。
 症状がないからといって高血圧を放置することなく、医療機関でしっかりと精査を受けた上で治療するようにしてください。

よしの内科クリニック

診察時間
8:30~12:00
15:30~18:00

交通(長森西小学校北200M)

バスでお越しの場合:東興町バス停から南へ徒歩3分
お車でお越しの場合: 岐阜競輪場東へ300M
JRでお越しの場合:長森駅から北へ1.9K

よしの内科クリニックへの来院

 岐阜市、各務原市、羽島市、羽島郡、山県市、可児市、関市、本巣市、瑞穂市、揖斐郡、大垣市、下呂市、恵那市、一宮市、犬山市、北名古屋市などに お住まいの方にご来院いただいております

powered by crayon(クレヨン)